よくある質問(FAQ)

データ入出力

すべて開くすべて閉じる
  • モデルデータが送られてきたのですが、取り込むことはできますか?
    商品情報を取込みたいのですが。
    バックアップしてあった交換ファイルの状態にデータベースを戻したいのですが。(ID:00053)

    StoreManagerGXでエクスポートされたGX交換データは、GXでインポートして使用することができます。
    詳細は説明資料(pdfファイル:984.5KB)をご覧ください。

    キーワード:GX交換データ、インポート、自動取込、手動取込、一括手動追加、追加、更新、追加更新
    登録日:2017/11/1
  • 得意先様からモデルデータが送られてきました。
    得意先様と当社のチェーンや売場のコード体系は違っています。どのように取込んだらよいでしょうか。(ID:00054)

    社外から入手されたGX交換データの取込み時には、貴社に既に登録済みのデータを上書き・更新するか、異なるコード体系のものをどのように取り込むかなどに注意が必要です。
    詳細は説明資料(pdfファイル:1070.4KB)をご覧ください。

    キーワード:GX交換データ、インポート、外部データ、標準商品、追加、更新、追加更新、棚割モデル情報一括編集
    登録日:2017/11/1
  • お得意先様にモデルや商品のデータを送ってほしいと言われましたが、どうしたらいいでしょうか?
    大きな編集を行う前に、必要なモデルだけバックアップを取っておきたいのですが。(ID:00055)

    データベース内の情報は、GX交換データとしてエクスポートすることができます。
    詳細は説明資料(pdfファイル:833.1KB)をご覧ください。

    お得意先様がGXをご利用でない場合には、「PTS」フォーマットでエクスポートする必要があります。
    PTS(共通棚割情報)については、FAQ「 「PTS」というファイルは何ですか?「PTS(共通棚割情報)」はGXで利用できるデータなのでしょうか。どういった内容のデータなら「PTS(共通棚割情報)」と認識されるのでしょうか。(ID:00039) 」を確認してください。
    エクスポート手順については、かんたんガイド(pdfファイル:299KB)をご覧ください。


    キーワード:GX交換データ、エクスポート、棚割モデル、標準商品、標準商品画像
    登録日:2017/11/1
    最終更新日:2020/11/30
  • 「PTS」というファイルは何ですか?
    「PTS(共通棚割情報)」はGXで利用できるデータなのでしょうか。
    どういった内容のデータなら「PTS(共通棚割情報)」と認識されるのでしょうか。(ID:00039)

    ■PTS(共通棚割情報)形式とは
    StoreManager シリーズ以外の棚割ソフトと棚割モデル情報をやりとりするためのデータフォーマットです。
    棚割情報として、左から何台目、下から何段目の左から数えて何番目に何の商品(JANコード)を何フェース陳列するかを記述したテキストファイルとなっています。
    商品情報に関しては、JANコード以外の情報はありません。
    詳細は、レコードフォーマット集を参照してください。

    仕様の詳細については以下のホームページを参照してください。

    棚割システム研究推進会
    共通棚割情報(PTS)のご紹介
    https://www.planet-van.co.jp/planogram/pts/index.html


    ■バージョンの差異
    ・Ver1
    商品の「配置情報」を記述します。
    (台、段、位置、JANコード、フェース数、陳列面、回転、積上、棚/フックの区別)
     
    ・Ver2
    Ver1の「配置情報」にプラスして、「台情報」「棚情報」を記述可能となります。
    (ゴンドラの高さ、幅、奥行、名称、棚の高さ、幅、奥行、厚さ、棚/フックの区別、商品の在庫数量)

    ・Ver3
    Ver2の情報にプラスして、同一フェース内で上下、奥行に異なる商品の陳列情報を記述可能となります。

    GXでは、PTS Ver1,2,3それぞれに対応し、入出力が可能となっています。


    以上でPTS(共通棚割情報の説明を終了します。

    キーワード:PTS(共通棚割情報)、バージョン、配置情報、台情報、棚情報、陳列情報
    登録日:2017/11/1

  • 取引先からExcelの陳列データをもらったのですが、それを使ってGXで棚割を再現できないでしょうか?(ID:00058)

    Excelの陳列データをPTS(共通棚割情報)のフォーマットに加工し、それをインポートすることによって簡単に棚割を再現することができます。
    Excelの陳列データには商品情報が含まれておりません。インポートする前に商品情報(JANコード、商品名称、サイズ、画像など)が登録されていることが望ましいですが、未登録商品があった場合、仮商品や箱に置き換えるよう設定することも可能です。

    PTS(共通棚割情報)については、FAQ「 「PTS」というファイルは何ですか?「PTS(共通棚割情報)」はGXで利用できるデータなのでしょうか。どういった内容のデータなら「PTS(共通棚割情報)」と認識されるのでしょうか。(ID:00039) 」を確認してください。

    PTS(共通棚割情報)に関する解説がついた、必要項目をコピー&ペーストするだけでフォーマット変換できるExcelファイルを用意しました。
    PTS解説.xls(Excelファイル:961.5KB)をご利用ください。

    キーワード:PTS(共通棚割情報)、レコードフォーマット集、インポート
    登録日:2017/11/1
    最終更新日:2020/10/31
  • 従来のStoreManager(EX/SL/Web/RT)から出力した交換データはStoreManager GXでインポートできますか?(ID:00019)

    GXはEX交換データをインポートすることができます。もちろん、旧製品向けにEX交換データをエクスポートすることも可能です。
    メニュー[モデル]-[インポート]-[内部データ / 外部データ]-[EX交換データ]
    メニュー[モデル]-[エクスポート]-[EX交換データ]
    の機能でインポート・エクスポートを行ってください。

    以上で旧製品のデータインポートについて説明を終了します。


    キーワード:StoreManager EX、StoreManager SL、StoreManager Web、StoreManager RT、EX交換データ
    登録日:2017/11/1

製品の問い合わせ
トライアルのお申込みはこちらから