StoreManagerGX-R

クラウド/オンプレミス

StoreManagerGX-Rは、クラウドサービスとオンプレミス版の2種類から選択できます。

  クラウドサービス オンプレミス版
機能・オプション制約なし制約なし
システム管理NSSが管理ユーザーが管理
データ連携一部オプション対応
(日別店別POSなどがオプション)
標準装備
商品データ共有共有利用可能
(Tanawariぽすとに投函された
商品情報を他のチェーンと共用)
共有利用不可
サーバー不要(NSSが提供)別途必要
DBMS不要(NSSが提供)別途必要
(Oracle Database 又は、
Microsoft SQL Server)
バックアップ不要(NSSが提供)別途必要(要相談)
StoreManagerGX-Rクラウドサービス

複数の小売業がクラウド上のStoreManagerGX-R(リッチクライアント版)を共同利用するサービスです。
ユーザーはクライアントPCに専用プログラムをインストールするだけで、すぐに使用できます。
複数の小売業で共有する商品情報(JANコード、商品名、サイズ、画像)を使用することも可能です。
ユーザーは自社のデータ領域のみにアクセスでき、自社の自動発注システムなど他システムとのデータ連携することができます。

クライアント用パソコン (オンプレミス版、クラウドサービス共通)
     
OS Windows8.1
(32/64bit版)(*1)
Windows 10
(32/64bit版)
CPU 2GHz以上のx86互換CPU
メモリ 2GB以上(32bit版)/ 4GB以上(64bit版)
グラフィックメモリ 64MB以上推奨
HDD(空き容量) 1GB以上(運用により異なる)
DBMS Firebird 2.5.1
アプリケーション
実行時に必要な環境
.NET Framework 4.5.2以上(*2)
Microsoft Excel 2013、Microsoft Excel 2016、Microsoft Excel 2019、
Microsoft Office 365 Excel  のいずれか(*3)
ストマネLink!
動作確認済みブラウザー
Internet Explorer 11
Chrome(*4)
備考
 
ファイアウォール、アンチウィルスソフト等による制限を受けないよう以下のポートをブロック対象から除外してください。
 ・クライアントPCとAPサーバー間:TCPポート8080(デフォルトの場合)
 ・クライアントPCとライセンスサーバー間:TCPポート8081(デフォルトの場合)
  リッチクライアント版の同時ライセンスの場合)(*5)
 ・クライアントPCとストマネLink! Webサーバー間:TCPポート80(デフォルトの場合)
クライアントPCとサーバー間のネットワーク経路上においても上記ポートを使用した通信が確立される必要があります。

アプリケーションのインストール(バージョンアップ含む)には管理者権限が必要です。

[2021/04/20現在]

  1. Windows8.1は、Microsoftのサポート終了(2023年1月10日予定)時に、StoreManagerGXのシステム要件対象外となります。
  2. インストールされていない場合、GXをインストールする際に自動でインストールします。(要インターネット接続環境)
  3. PDFファイルを出力しない場合には必要ありません。
  4. ストマネLink! Ver.7.0.1.1 以降対応しました。2019年5月時点の最新Versionで動作確認しました。
  5. Ver3以前から自動バージョンアップ機能でバージョンアップを行う場合、すべてのクライアントPCのバージョンアップが完了するまでTCP/UDPポート1947は閉じないでください。
オンプレミス版のシステム構成(サーバー)

StoreManagerGX-Rは、サーバー1台が最小構成です。ストマネLink!が加わるともう2台必要になります。
本部や店舗のユーザー数が多い場合や管理する棚割のパターン数が多い場合などは、帳票出力などのバッチ処理専用のサーバーを増設します。

 ◆  データベース・サーバー(GX-R、ストマネLink! 共用)
       
OS  Windows Server 2012 R2 Standard (64bit版) Windows Server 2016 Standard (64bit版) Windows Server 2019 Standard (64bit版)
CPU Intel Xeon E3系以上のCPU (推奨:V3シリーズ)
メモリ 最低:8GB 推奨:10GB(同時接続ユーザー数が60の場合)
HDD(空き容量) 20GB以上  (*1)
アプリケーション
実行時に必要な環境
.NET Framework 4.5.2以上
IIS(OS付属のバージョン)
ASP.Net4
DBMS SQL Server 2014/同 SP2/同 SP3(*2)
SQL Server 2016/同 SP1/同 SP2(*2)
 
Oracle Database 12c(12.2.0.1.0) (*6)
SQL Server 2016 SP1/同 SP2(*2)
SQL Server 2017(*2)
 
Oracle Database 19c(19.3)
SQL Server 2019(*2)
 
 ◆  GX-R APサーバー 兼 ライセンスサーバー
       
OS  Windows Server 2012 R2 Standard (64bit版) Windows Server 2016 Standard (64bit版) Windows Server 2019 Standard (64bit版)
CPU Intel Xeon E3系以上のCPU (推奨:V3シリーズ)
メモリ 最低:8GB 推奨:10GB(同時接続ユーザー数が60の場合)
HDD(空き容量) 20GB以上  (*1)
アプリケーション
実行時に必要な環境
.NET Framework 4.5.2以上
IIS(OS付属のバージョン)
ASP.Net4
 ◆  ストマネLink! Webサーバー
       
OS  Windows Server 2012 R2 Standard (64bit版) Windows Server 2016 Standard (64bit版) Windows Server 2019 Standard (64bit版)
CPU Intel Xeon E3系以上のCPU (推奨:V3シリーズ)
メモリ 推奨:4GB以上(目安:ユーザー数が500程度)(*3)
HDD(空き容量) 100GB以上 
アプリケーション
実行時に必要な環境
.NET Framework 4.5.2以上
IIS(OS付属のバージョン)
ASP.Net4
 ◆  ストマネLink! バッチサーバー
       
OS  Windows Server 2012 R2 Standard (64bit版) Windows Server 2016 Standard (64bit版) Windows Server 2019 Standard (64bit版)
CPU Intel Xeon E3系以上のCPU (推奨:V3シリーズ)
メモリ 推奨:4GB以上
HDD(空き容量) 100GB以上  (*1)
アプリケーション
実行時に必要な環境
.NET Framework 4.5.2以上
Microsoft Excel 2013、Microsoft Excel 2016、Microsoft Excel 2019、
Microsoft Office 365 Excel のいずれか(*4)
 ◆  ネットワーク(ポートの設定)
 
共通
備考 ファイアウォール、アンチウィルスソフト等による制限を受けないよう以下のポートをブロック対象から除外してください。
 ・クライアントPCとAPサーバー間:TCPポート8080(デフォルトの場合)
 ・クライアントPCとライセンスサーバー間:TCPポート8081(デフォルトの場合)
  (リッチクライアント版の同時ライセンスの場合)(*5)
 ・クライアントPCとストマネLink! Webサーバー間:TCPポート80(デフォルトの場合)

アンチウィルスソフトの誤認識により、StoreManagerGX関連のファイルが削除される場合がありますので、StoreManagerGXインストールフォルダをアンチウィルスソフトの『プロアクティブ脅威防止』(SONAR)スキャン対象外に設定することを推奨します。

【参考】
APおよびバッチサーバーとDBサーバーを別々に構成する場合、以下のポートをブロック対象から除外してください。
・DBサーバーと各サーバー間
・TCPポート1521(Oracleの場合)
・TCPポート1433(SQL Serverの場合)
・TCPポート3050(Firebirdの場合)

サーバーを複数で構成する場合、サーバー間のネットワーク経路上においても上記ポートを使用した通信が確立される必要があります。

[2021/04/20現在]

  1. 保有データ量および将来計画により異なります。
  2. SQLServerのエディションは「Standard」以上を対象とします。
  3. ユーザー数に応じて複数台のWebサーバーに負荷分散できます。負荷分散する場合はロードバランサ―用サーバー1台+(Webサーバー×分散数)で構成します。
  4. PDFファイルを出力しない場合には必要ありません。
  5. Ver3以前から自動バージョンアップ機能でバージョンアップを行う場合、すべてのクライアントPCのバージョンアップが完了するまでTCP/UDPポート1947は閉じないでください。
  6. 標準のOracleサポートは既に終了。Limited Error Correction(致命的な問題またはセキュリティの修正のみ)の提供が、2022/3/31までとなっておりますのでご注意ください。

製品の問い合わせ
トライアルのお申込みはこちらから