StoreManagerGX-R

棚割編集・帳票

直感的でわかりやすい操作性

対象商品やゴンドラを選択して、右クリックでのポップアップメニューで、移動、削除、コピーなどを行います。
ドラック&ドロップでも、簡単に移動できます。
Ctrl+Z (やり直し / Undo)などのショートカットキーも使用できます。
また、同時に複数の棚割を開いて編集できるなど、使い易さを極限まで追求しています。

商品画像なしの簡易棚割

陳列イメージは不要で品揃え管理だけをしたい場合には、商品リストのみで簡易的に棚割を管理することもできます。
陳列した商品には、フェース数、積数、奥行数、商品コメントなどを設定することができます。 売場イメージが必要な場合は売場写真を保存することができます。

 
複数パターンの採用商品をまとめて改廃

同一売場にある複数の本部計画棚割や店舗実施棚割を対象に、一度の操作で商品のカット、追加を行うことができます。
リニューアル商品が生じた際には、1対Nで商品改廃(陳列場所での商品入れ替え)を、一括して行うこともできます。 (Ver.8にてリリース予定)

初回発注数やカット処理方法などの情報入力

カット商品処理方法や新規導入商品の初回発注数などの情報を登録できます。
設定項目のカスタマイズが可能ですので、ユーザー独自の設定画面が作成できます。
また、登録した情報は、店舗への指示や外部システムと連携できます。

自動棚割

最大パターンを元に什器違いの棚割を実績に基づき自動的に作成します。
(※自動棚割オプションが必要です。)

棚割の管理・指示・分析などの帳票出力

すべての帳票は、ExcelとPDFファイルで出力できます。また、複数帳票の場合は、Excelの複数シートに1ブックとしてまとめて出力することもできます。

帳票毎に出力する項目、ヘッダーの内容、採用店情報の出力有無などのレイアウトを定義することができ、システム内で共有することが可能です。

棚割管理帳票(星取表、取扱商品一覧表)

店舗→棚割→商品の紐づけ状況を確認する帳票です。

星取表 主な用途  
①店舗と
採用棚割
棚割と採用店舗の紐づけを確認する帳票。
②商品と
採用棚割
商品と棚割の紐づけを確認する帳票。主に商品の配荷店舗数や、基幹システムの登録状況の確認などに利用される。
③商品と
採用店舗
商品と店舗の紐づけを確認する帳票。店舗数が多い場合は一覧性が低いので、上記①と②の組み合わせで見るケースが多い。
陳列指示帳票(複合帳票)

陳列指示の帳票は最大4つまで組み合わせて自由に作成できます。
例:カット品にマーカーが付いたカラー陳列図と棚割表など


  
 

その他の帳票については、StoreManagerGX 帳票サンプル でご確認ください。

製品の問い合わせ
トライアルのお申込みはこちらから